スマイルリフォームの塗装工事について

家並み

スマイルリフォームは千葉県柏市に拠点を持つ、総合リフォーム会社です。

施工実績は500棟(2018年現在)以上。自社営業自社施工にて低価格を実現しています。施工後も安心の保証期間5年

どんなに些細な事でも構いません、お気軽にお問い合わせください。

安心してお任せください。

外壁塗装の料金・費用の相場ってどれくらい?

Fotolia_193090397_Subscription_Monthly_M-960x662

外壁塗装は塗装する部分、建物の規模にもよりますが、時に100万円以上かかることもあるので、しっかりと料金の内訳というものを把握し、何にどれくらいかかるものなのか?を依頼をされる前に知っておくことが重要です。

もちろん業者によって様々ですが、内訳はほとんど下記のようなイメージです。

塗装業者の経営費用・・・・30%

塗装職人の人件費・・・・30%

塗料などの材料費・・・・・・20%

足場設置費用・・・・・・・・・・・20%

外壁塗装工事の費用相場

建物工事の中でも外壁塗装は値段がわかりづらい工事の一つとされています。その理由として、職人一人の技術のレベル塗料をはじめとする材料の仕入れ額の違いその業者が得意としている現場の特徴など、が挙げられます。

複数の業者から見積もりをもらっても、その金額にあまりにも差があり、何が正解なのかがわかりません。

外壁塗装工事の費用相場というものをおおよそ把握し、理解していることで、塗装工事の失敗や騙されそうになった際も対処できると思います。

1556454673211e1_R

スマイルリフォームの塗装はココが違う!

家全景1

当社は、

一般的な二階建ての1世帯住宅は70万円(税抜き)で塗装工事を行っております。

 

塗装業界の相場では上記のように安くても100万円程度はかかります。しかも当社の場合、外壁に限らず、外構やウッドデッキ等、お客様のご要望があれば塗装出来る物は全て70万円の中で塗装しています。

安さの秘密、ちゃんとあります!

当社の塗装の原価は以下のような内訳です。
足場→15万程度
塗料及びその他の材料→15万〜20万
人件費→15万〜20万

平均で50万円程度です。この金額に加えて各社は営業経費、広告、その他の諸経費(20万から高い所で50万円程度)と呼ばれる営業マンへの歩合などが乗せられ、更に利益(20万程度)を乗せます。

Fotolia_85041328_Subscription_Monthly_M-960x639

自社営業・自社施工の強み

当社は自社営業ですので上記のような大きな営業マージンが発生せず、コストを抑えることが可能です。

加えて自社施工なので中間マージンが発生しません、ですので営業経費は10万程度で済みます。

又、職人も意識を高く持って施工に専念しているので、他社の職人より無駄なく効率よく仕事をしているので人件費も抑制出来ています。足場も自社職人で行いますので10万円程度で済みます。よって70万円という破格でお客様に提供できます。

又当社の利益は20万円程度で考えており、その利益の半分を社会貢献事業や、施工代金無料のキャンペーンなどのお客様へのサービスに還元させて頂いております。

スマイルリフォームの塗装はココが違う!

最終的な判断はどのようにしたら良いか

外壁の状態や使用する塗料、前途の通り業者によってこの金額が前後することも当然あります。

また、メーカーに工事を依頼しても実際に施工するのはそのメーカーの下請けの業者なので、このマージンによっても金額が大きく変化します。

しかし上記のように、当社のような専門店ですと、中間マージンが必要ありませんので、その分安く済ませられます。ただし、中には手抜き業者も多いので、色々な業者を比較して、費用だけでなく保証期間、対応の良さ、施工期間など全て見て納得した上で業者を選びましょう。

足場工事は行ってくれるのか

業者選びのポイントとして、外壁塗装工事には欠かせない「足場工事」がどのようになっているかは非常に重要です。

最近では「足場なし」という格安な外壁塗装工事もありますが、高所での作業になる為、安全はもちろんですが、作業員が使いやすい足場があることが仕上がりの満足度にも繋がってきます。

周囲に塗料が飛び散らないための飛散防止ネットも見積もりに含まれているかも確認しましょう!

どんなに小さな飛び散りでも、車や近隣住宅へ飛び散るとトラブルになり、賠償せざるを得ない状況になることもあります。

pixta_11158115_L-960x720

塗る前の大切な作業を怠っていないか

塗る前の大切な作業として高圧洗浄で塗装前の下地を綺麗にしていくことを怠る事も良く耳にします。

経年変化により、外壁のつなぎ目に亀裂・破損が見られる場合には隙間を塞ぎ水分の侵入を防ぐシーリング工事も重要です。

こういった下地調整やシーリング工事なども事前に抑えておきたいところです。

 

最終的な判断はどのようにしたら良いか

下塗り、中塗り、上塗りの三度の塗装

下塗り、中塗り、上塗りの三度の塗装をすることで、耐久性のよいしっかりとした外壁に仕上がります。

ここをしっかり塗装していない業者は一目ですぐにわかります。皆様でもわかるポイントとして下塗り用の塗料と上塗り用の塗料は違うものを使用するので、見積書の塗料の箇所を見ると単価や名称に違いが見られると思います。

 

最終的な判断はどのようにしたら良いか

塗料で大きく変わる塗装

Fotolia_171509506_Subscription_Monthly_M-960x640

 

塗装工事の価格の違いの原因のひとつが、塗料の違いです。

使用している塗料によって建物の寿命も変わってきます。

どこにどのような塗料が使用されているのか。お客様のニーズによって使用する塗料も変わるので、同じような規模の家でも塗装工事全体の料金に大きく差が出ることもあります。

一般的に、大手塗料メーカーが販売しているものに、

アクリル系塗料・ウレタン系塗料・シリコン系塗料・ラジカル系塗料・フッ素系塗料・遮断熱塗料などがあります。最近では断熱効果に特化した特殊な塗料も出てきています。

それぞれ価格が違うのはもちろんですが、同じ系統の塗料でもその中から再び細分化され使用用途や耐久性、それぞれにメリットやデメリットがあります。

価格表記を見ると分かりやすいのですが、基本的には劣化が遅く耐久年数が長い機能性のある塗料は価格設定が高めなのが特徴です。

主要塗料別の金額相場 ※30坪の戸建て外壁塗装の場合

30坪の戸建ての外壁塗装での相場はどのくらいなのでしょうか。

塗料の種類にもよるので、塗料別に表現すると以下のようになります。

アクリル・・51万円~

ウレタン・・60万円~

シリコン・・78万円~

ラジカル・・78万円~

フッ素・・90万円~

塗料で大きく変わる塗装
※画像はイメージ

劣化に対する各塗料の性質

塗料の種類 耐用年数 機能性 色の変化の耐性
弱溶剤ウレタン仕様 6~8年 × ×
水性シリコン仕様 10~15年 ×
弱溶剤シリコン仕様 15年 ×
水性光触媒(HG) 12~15年
水性ガイナ仕様 12~15年
水性高弾性仕様 12~15年
水性光触媒仕様(EX) 15~20年
水性フッ素仕様 15~20年 ×
塗料の種類 耐用年数 ひび割れ 汚れ
弱溶剤ウレタン仕様 6~8年
水性シリコン仕様 10~15年
弱溶剤シリコン仕様 15年
水性光触媒(HG) 12~15年 ×
水性ガイナ仕様 12~15年
水性高弾性仕様 12~15年 ×
水性光触媒仕様(EX) 15~20年 ×
水性フッ素仕様 15~20年 ×